「いじめっ子が異世界に転生して、なろう民をボコボコにするようです」総バッシングを受ける – アニゲート


今週の人気記事 今月の人気記事

「いじめっ子が異世界に転生して、なろう民をボコボコにするようです」総バッシングを受ける

味方全員に失望されて見放される展開は胸熱だね。
あらすじ
いじめられっこの引きこもりが転生したようなのでいじめっ子もやって来た!
異世界で調子に乗ってるあいつを再びぶっ潰す!


コメント大荒れのもよう


面白そう


応援するわ


ハーレム全員寝とってほC


コメント大荒れってすごいな
紙の上のいじめっこにも負けるのか


腐女子がノートに書いてそうなBL


調べてもヒットしないンゴねえ


マサツグ様が危ない


「…もう、潮時のようですね」
ぽつりと、そう漏らしたのはエルフの女王エリンだった。エルフ特有の綺麗な瞳には憂色だけが浮かんでいる。
「マサツグ様、これ以上あなたにお仕えすることはできかねます」
「エリン、なにを言ってるんだ…?」
彼女の唐突な申し出に俺は呆気に取られてしまった。するとエリンのとなりに控えていた魔王、ラーラも口を開く。
「わしもじゃ。最近のマサツグ殿の振る舞いは目に余る」
「振る舞い、だと?」
一体こいつらはなにを言ってるんだ。俺の振る舞い? なにか悪いことをしたか? いや、していないはずだ。なのに、どうして。
混乱する俺に構わず、彼女たちは話し続ける。今度は精霊の神、シーだ。
「いくら元いた世界でいじめられていたとしても~、それだけの理由で彼らを殺してしまうのはやりすぎよ~」
嗜めるような声を聞いた瞬間、俺の中で何かが弾けた。
「お前に、何がわかる!」
突然叫んだ俺にシーたちは身を竦める。それを見てわずかに心が痛んだが、しかしもう止まらなかった。
「あのクズどもにいじめられていた俺の気持ちがお前にわかるのか! 毎日毎日毎日毎日毎日からかわれて殴られて馬鹿にされて…ここでようやく力を得たんだ。復讐に使って何が悪い!」
息荒く喋り終えて、ふと気づく。エリンやラーラ、シーが俺を見る冷めた視線。それは、元いた世界で俺がミヤモトたちから向けられていた視線と同じものだった。
その時、視界の隅にある少女の姿が目にはいる。
「り、リュシア…」
救いを求めるように、俺は彼女へ手を伸ばす。しかし、
「…すみません、ご主人様」
リュシアは俺の手から逃れるように一歩下がった。まるで、汚物をみるかのような目で俺を見ながら。ぴしり、と俺の中で何かが砕けた音がした。
「なん、で…! なんでだ! お前ら全員俺が救ってやったじゃねえか! 俺がいなけりゃなにもできなかったくせに、それなのに!この俺を捨てるのか! この無能ども!」
「ご主人様は…変わってしまいました」
悲しげに呟くリュシア。しかし、意味がわからない。俺が変わった? そんなけない。俺は昔から変わらない。そのはずだ。そのはずなのに。
「そこまでだ」
半ば無意識でリュシアへ歩み寄ろうとした俺の前に、突如一人の男が躍り出る。それは、そいつは、俺が何よりも思い出したくない存在だった。
「…ミヤモト?」
「久しぶりだな、マサツグ…」
俺を見下ろし、ミヤモトは悲しそうに笑った。


>>29
神小説定期


>>29
文豪定期


マサツグ逝ったああああ


マサツグ様って最後は全てを失って1人で死にそうだよな


異世界まで追いかけてきてくれるってそれもう親友やんけ


>>35
追っかける主人公女にして最終的に恋愛で終わらせたら結構評価高くなりそう


自己投影して現実逃避してるのに逃避先にも現実が追いかけてくるとか草生える


チート能力あるなら元いた世界に戻したらええやん(適当)


おもろそうやん
異世界で調子コイてた所にいじめっ娘もやってきて
克服することで主人公の真の成長を描くって構成やな
有能やんけ


マサツグにかかってる魔法解いて孤児院とかいうロリ風●の娘どもの前にブサイクな顔面晒してやれ


これは育って欲しい


http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490271539/

            LINE Twitter Hatena Google+ Facebook

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です