なろう主人公、敵地の井戸に毒を入れて味方から絶賛される、敵も人間なのに

昔の悪役の所業だな。主人公がこんなことしても誰一人として主人公のことを咎めないのが「なろう」の良いとこなんだろうな。このやり方を味方が批判したり、死人が出て主人公が責められるようなアンチ作品はやっぱ人気出ないのかね。異世界の知性や文明が極端に低い作品もそのうちアニメ化するのかな。ななんだってー
「簡単です。水源に遅効性の毒をぶち込みました。三日以内に手足が痺れ、剣を振るうのも難しくなります」

 俺が言うと、ジェネマン将軍は口をあんぐりと開けた。

「なんて画期的な作戦だ……!」

 確かに敵は十倍の戦力差だ。
 だが、水を飲まない人間はいない。
 水源を穢してしまえば、全員がまともに戦えなくなる。
 ベレッタとカルマの隠密スキルを使えば、警戒を擦り抜けて水源に侵入するのは簡単だった。 :1
ケフカかよ :10
これかな?

:98
カイエン激怒 :16
兵士はともかく民衆も死ぬやんけ :48
ショッカーとかがやる作戦だよね。 :65
実はこう続くんだけどな


「簡単です。水源に遅効性の毒をぶち込みました。三日以内に手足が痺れ、剣を振るうのも難しくなります」

 俺が言うと、ジェネマン将軍は口をあんぐりと開けた。

「なんて画期的な作戦だ……!」

 確かに敵は十倍の戦力差だ。
 だが、水を飲まない人間はいない。
 水源を穢してしまえば、全員がまともに戦えなくなる。
 ベレッタとカルマの隠密スキルを使えば、警戒を擦り抜けて水源に侵入するのは簡単だった。

「あとは降伏を迫り、毒を浄化するだけです。捕虜を捕らえた後に彼らを治療しましょう」
「なんという知将だ……。本当に、誰一人、敵味方に犠牲を出すことなく戦争を終わらせてしまった……」 :109
>>109
占領する予定の土地が犠牲になってるんですが :119
賞賛する方もいかれてる :112
隠密スキルというものが存在する世界なら
見張りは隠密見破りスキルを持っているべきでは? :169
戦争に勝っても土地を汚染したら難民を生むやろ :185
その隠密スキルで一人づつ殺した方が確実やないか? :13
>>13
この発想はなろうの才能ある :57
>>57
「馬鹿な、一万いた兵が消えただと…!?」
「悪いけど、皆には死んでもらったよ」
「なっ…」
「隠密スキルを使えば、千人だろうが一万人だろうが一人一人殺すのは簡単なんだ」 :99
>>13
フォードの工場ばりに流れ作業で殺して行くの想像して草 :186
隠密スキル使って大将首から殺ってったらそのうち降参するやろ :121
>>121
天才やな :138
なろう主人公って元々日本人の癖に人殺しに躊躇ない奴多すぎやろ
もしかしてやべー奴を間引くために転生させてるんやろか :60
こういう異世界転生チートなら

:162
>>162
身を削り他人の幸せを祈る、そんな誰かに私はなりたい
ってタイトルになりそう :178
本物のなろうを舐めるな



:5
敵何人いたんや?大人数なら途中で水がおかしいことに気付くやろ :33
日本でそれやって死者出たら最高刑死刑やぞ :43
よく夢の中でこういう妄想はするが書き起こすとキッツイなぁ
作者も内心書いてる時なにやってるんだろって思ってそう :50

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。