ウィークリー マンスリー

  
 

ガンダム鉄血、誰も予想だにしなかった衝撃の展開へ

地球に落ち延びられずに壊滅しそう。バエルが特殊能力なしのお飾りなのが残念だわ。三日月はアトラとクーデリアを庇って死ぬのかねぇ。

敵に無様に命乞いして失敗したので尻尾巻いて逃げ出す模様
なお残り3話


脚本補正で大逆転勝利してもそのまま負けてもクソという驚異の采配


オルガ(41話)「俺は無様に命乞いするお前を見たかっただけだ」

オルガ(44話)「あと1回戦えば金も女の欲しいままだ!」

オルガ(47話)「マクギリスとバエルは引き渡す!だから鉄火丼だけは・・・!」


唐突に孕んでますからの3Pはほんまにアカンわ
脚本殺せよ
全滅からのクーデリアが子供育てるエンドとか悪夢やろ


頭おかしい

no title


no title

no title

no title

no title


no title

no title

no title

no title


ここまできたら全員惨たらしく討ち死にさせて終わらせろや
誰が身分偽ってまで生き残るヤクザ崩れのチンピラ集団の話し見たがるねん


「ここで死んだら団長命令違反でもっかい殺す」とか「何やってんだミカァ!」とかカッコいい言葉連呼してたオルガはどこに行ったの?


no title


no title


ガンダムをヤリ部屋した作品として後世に残ると思うと草生える


バクシンガーに似てるとか言ってたけどガチでパクってね?


>>39
バクシンガーは子供とマネージャー逃がして負けるの分かってて最終決戦に行ったから鉄火丼と一緒にしたら可哀想


最終目標、データ改竄w

 
no title


これが俺たちのラストミッション(ID書き換え)


なお
48話→マリー単独脚本
49話→マリー単独脚本
50話→脚本家未定


おっさんとかいう無能

no title


>>65
ほんま他人事みたいなしゃべり口なんだよな


>>70
自分は超安全圏やからね


>>65
こいつは一期から偉そうにしたり顔してるだけでマジで何も為になる忠告してないよな


>>65
すげぇ鉄血を象徴するキャラだよなこいつ
いい事言ってるふうだけど行動が伴ってないから薄っぺらいだけ


全滅エンドあるなこれ
子供孕んでるのに最終回で死ぬなんて誰も思いつかんやろなぁ


マリー健気なヒロインが幸せになるの大嫌いだから母胎もろとも爆破させるで


47話「生け贄」2017年3月12日放送
火星本部へ帰還した鉄華団が仕切り直しを図る。だが、情勢は一変していて…。
脚本=岡田磨里 演出=うえだしげる 絵コンテ=斎藤哲人、亀井治
作画監督=しんぼたくろう、阿部邦博(メカ)

48話「約束」2017年3月19日放送
脚本=岡田磨里 演出=池野昭二 絵コンテ=遠藤宏隆、西澤晋
作画監督=吉田雄一、中島渚、江上夏樹、斎藤香、大張正己(メカ)

49話「サブタイトル未定」2017年3月26日放送
脚本=岡田磨里 演出=大久保朋 絵コンテ=遠藤宏隆、亀井治、寺岡巌
作画監督=大貫健一、中本尚、豊田暁子、神谷美也子、山崎克之、宇田早輝子(メカ)、高瀬健一(メカ)

最終話「サブタイトル未定」2017年4月2日放送
脚本=未定 演出=未定 絵コンテ=未定 作画監督=未定

no title


唐突に殺人カミングアウトしたデブで草バエル
普通に罪を償って、どうぞ


>>96
デブ「ワイは昔めっちゃ人殺したんねん そんなワイには鉄華団しか居場所がないんや」

誰もが鉄華団やなく刑務所行けと思ったやろな


>>96
宇宙ネズミ的な意味じゃないのかあれ


味方のどのキャラより火星関所のモブ司令官のほうが有能そうなのがすごい


リーゼントだけまとも


ワイ思ったんやけど…もしかして三日月とアトラってハグして念じたら赤ちゃんできると思ってへん?


アリアンロッド艦隊の手を逃れたマクギリスを待っていたのは、また地獄だった。
破壊の後に住み着いた欲望と暴力。
厄祭戦が生み出した無能の将。
悪徳と野心、頽廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてブチまけた、
ここはギャラルホルンのゴモラ。

次回「無能」。
来週もマクギリスと地獄に付き合ってもらう。


此の期に及んで心折れずウキウキのマクギリスは草生える


マッキー擁護の声が「無職になったけどコートが似合う」くらいになってて草生えた


行くんだ。ここではないどこかへ、別の自分になるために―

こう書くととかっこいいキャッチコピーみたいなのでセーフ


劇場版がある可能性


http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1489355770/

            LINE Twitter Hatena Google+ Facebook
One Comment

コメントを残す