ウィークリー マンスリー

  
 

外国人がアニメの違法視聴による損失額を独自に調査、「質の文句を言うなら、不法にアニメを見るな!」

外国人がアニメの違法視聴による損失額を独自に調査、「質の文句を言うなら、不法にアニメを見るな!」
no title

(前略) ◆不法にアニメを見るとき、アニメ産業はどれだけの損失を被るのだろうか。

匿名から提出されたフォーム:
自分のことを自称「ファン」と呼んでるヤツらはアニメを見て、低品質について不満を言う。
そして、やれアニメの第2期が出ない、やら、なぜ萌えアニメやアイドルもののゴミアニメなんかが製作され続けるのかと文句を言う。
不法にアニメを見てるヤツら、お前らは失われたお金の損失がどれだけあるのか言えるのか!?
(中略)
今回例に挙げたサイトの他に、少なくとも6つの違法ストーリーミング配信サイトがあると仮定するならば(おそらく、英語以外の言語での流用、または、異なるサイトあることは間違いないだろう)、それは1年間に、有料ストリーミングを利用しない軽薄な視聴者のために、アニメ産業は約37億5千万円~150億円の損失を受けるのである。

5年間で、約187億8千万円~751億4千万円である。

1番組につき平均的アニメ予算は、1エピソードにつき約1750万円とされている。

もし、半数の視聴者が違法から有料ストリーミングへと切り替えるならば、107~429のエピソード、または9~36つのシーズンアニメにそれぞれ、1年間で約18億8千万円~75億円もの資金の供給が成されるであろう。

それは5年間で、約94億円~375億7千万円にも上る。

なので通常であれば、おそらく、より多くの番組、高品質なアニメの制作が可能であり、おそらく、アニメーターの給料は、低額なラインからより高い額へと向上していたことであろう。

現状、これらはただ、ごく一般的な見積もりの推察をしたにすぎない。(実際、計測した値より高くも低くも成り得る)

他の大勢は、一人の健全な視聴者が増えたところで、産業が改善するとは思われないかもしれないが、これを機にうまくいけば、これは問い合わせをくれた匿名の人を助け、視聴者を時間をかけて追加していくことで、より多くの資金をアニメ産業に供給することができるのである。全文を読む

転載元: http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1458023600/

            LINE  twitter  Facebook  Google+  hatena

コメントを残す