ウィークリー マンスリー

  
 

『FF15』車・レガリアのほかに空飛ぶ乗り物はでない。世界を『FF16』の土台にする予定は?

『FF15』車・レガリアのほかに空飛ぶ乗り物はでない。世界を『FF16』の土台にする予定は?
no title

スクウェア・エニックスより9月30日発売の『FF15』について、ロサンゼルスにて行われた発表会翌日に実施されたメディア向けのカンファレンスや開発者インタビューなどの内容が公開されました。

Q.『プラチナデモ』は、期待していたよりもフレームレートが低くなっているようだが、製品版に向けて最適化や調整は行うのか
製品版に向けて、もっともっと改善させていく予定です。今回の『プラチナデモ』は、実験的に動的な解像度を導入しており、その上限はフルHDになります。
 『プラチナデモ』の内容は、フレームレートの精密さをあまり求めるものではなく、『FFXV』の世界の一部を体験してもらうものなので、まずは解像度に関して技術検証を終え、それを導入しました。

Q.空飛ぶレガリアについて
レガリアのフライングモデルは、ゲームをかなり進めることでカスタム可能となるもので、やり込み要素にあたる。これでしか行けない場所もあるが、物語の中でカスタマイズが必須というわけではない。
レガリアのほかに空飛ぶ乗り物はでない。FFだからという理由で飛空艇を出すよりも、ずっと一緒に旅をしてきたレガリアで飛ぶほうが絶対にいい。

Q.VR的な施策や実験は?
VRに興味はあり、具体的なテストも1年以上前から色々とやっている。“これならいける”というところに辿りつけたら提供を考えたい。

Q.PC版は発売されるのか
PC版を出す計画で進めてるようなら、やっぱりコンソール版と近いタイミングで出さなければいけない。しかし、そんな計画はないので、コンソール版と近いタイミングでPC版が出ることはありません。我々のDirect-XI世代で開発・研究してきたものは、コンソール版に一旦すべて入れます。その仕様をロックしたあとで、よりアッパーなスペックを考えながら、そこからPC版を研究する予定。

Q.『FF15』ユニバース(世界)を『FF16』の土台にする予定は?
ない。あくまでも『FF15』のもの。

Q.『FF15』のスピンオフや世界観を共有する別の作品は?
『FF15』ユニバースのひとつのゴールは、できるだけ多くのユーザーに触ってもらうこと。そこにたどり着くコンテンツであれば検討は可能。あくまで『FF15』をいかに最大化できるか、いかに最高のものにするのかという視点で全て考えている。

Q.ダウンロードコンテンツの計画は?
考えています。目的は『FFXV』を購入してくださった方に、長く遊んでもらうということです。無料のものもありますし、当然制作にはコストもかかりますから、値段を付けるものもあります。

電撃オンライン

車と飛空艇の乗り換えがなくて楽だね。バットマンが乗りそうなデザインだけど。

            LINE  twitter  Facebook  Google+  hatena

コメントを残す