ウィークリー マンスリー

  
 

ホリエモンが「ワンピース」の“仲間を無条件に救う”価値観に危惧

ホリエモンが「ワンピース」の“仲間を無条件に救う”価値観に危惧
no title

堀江貴文氏がマンガ『ワンピース』の価値観に警鐘を鳴らしている。

できないヤツを助けていると人間関係で失敗する」とのタイトルで記事を投稿した。

記事冒頭、堀江氏は「いざというとき身を挺してまで仲間を救うかどうかと聞かれれば、答えに窮する。正直なところ相手と状況による」
「自分で工夫や努力をしなかったり、出すべき成果を出せていなかったりするヤツの『助けてください』は無視する」と持論を述べた。

そのうえで堀江氏は「仲間を無条件に救う『ワンピース』の価値観は危ない」と警鐘を鳴らすとともに
「仲間との共闘、一体感が何よりの宝物だという価値観は、まったく受け入れられない」と『ワンピース』を例にあげ断言している。

堀江氏は、「人のために尽くすこと」それ自体は否定しないまでも、尽くすことが目的となったとき、「自己犠牲」「共倒れ」が美化されてしまうことを危惧。
そして「人は常に、自分のやりたいことのために生きるべきだ」と自身の人生観を明かす。 情報元


確かにアーロン編のルフィはナミの過去話も聞かずに困ってれば助けるふうに描かれてたな


ワンピース見てると、ヤンキー文化で気持ち悪い
仲間が大切、仲間以外はどうなってもいい
足立区で人気ありそう


>>5
少年マンガはどれも同じ感じに見えるけどな


逮捕された理由かわかる発言やね


コイツが言うならきっと大丈夫なんだろうなって思うわ


友達欲しかったら娯楽にのめり込め、みたいな心理もキモい
要は、現実でどんな目的意識を持って壁を乗り越えたかという、
実体験の話題が価値あるんだけどな


>>1
堀江は有能かと思っていたが
予想外に無能だな


>>43
いやワンピースは絵が汚ないし幼稚だから読んでいなかったが
口説いていた飲み屋の姉ちゃんがワンピースのファンで苦痛を我慢して読むと背景が面白いから
堀江がワンピースの作家が組んだ背景に気が付かないのは無能だと思っただけ


>>43
通して読むとギリシャローマ時代のエビソードがシナリオになっているのが解るよ
解りやすいのはアレクサンドリア大図書館炎上アグリッピナ殺害とワンピースでの誰だっけ?大図書館を燃やされるシナリオがそれ
あと世界統一された後の腐った世界観は中国やソ連のそれだろ
つまり堀江は無能


漫画だから真に受ける必要もねーだろとは思うが、
割と有名な大学の先生とかが○○(なんか適当にヒットしている漫画とかのタイトルが入る)
に見る組織論みたいなのを大真面目に語ってたりしているのはちょっとひどいと思うわ


つーかこういう理屈でワンピ叩くなら ドラえもんとかの方がダメじゃないのか


ワンピースなんて全く読んでないが、今の若い奴も表向きだけがワンピース的なんじゃないの?
仲間は大切と言いながら、本心は全く必要としていないみたいな
ホリエモンが心配する必要は全くないと思う


仲間がどうとかいうテーマなんて気にして読んでないな
登場人物が多くて、伏線も多数はってあるようだから、
これから先どう展開するのか気になって読んでいるだけだわ
最近でいうと、四皇ビックマム編でサンジがどうなって行くのか
知っている奴いるなら、ネタバレしてくれ


つか本気でジャンプ漫画の概念を現実に重ね合わせてる末期がいたならそれはそいつの問題
漫画は単なる娯楽だよ罪はない


http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1476343019/

            LINE  twitter  Facebook  Google+  hatena
3 Comments

コメントを残す